手続き情報

保育所・保育園の入園相談・入園申込み

最終更新日: 2018/4/10

保育所・保育園の入園相談・入園申込みの概要

保育所・保育園への入園を希望される方は、まずは市区町村の役所の窓口に相談しましょう。実際に入園を申込む場合は、大量の書類を作成・提出しなければならず、その書式や様式は自治体により異なります。また、状況によっては職場・学校・医療機関等に連絡して必要な書類を作成してもらうことも必要となります。

手続きの場所

  • 市区町村役所

手続きに必要な持ち物・書類

  • 本人確認書類
    • 顔写真付きの公的身分証明書など
  • 教育・保育給付支給認定申請書
    • 記入事項が多いため、窓口に行ってその場で書くのではなく、あらかじめ自治体の書式に沿って作成しておく必要があります
  • 保育所等利用申込書
  • 家庭状況書
    • 市区町村ごとに独自の様式や書式が求められます。書類は複数枚にわたることが一般的です
  • 所得課税証明書
    • 住民税のもの。非課税世帯の場合も非課税であることの証明書が必要住民税の納付先市区町村に住んでいる場合、提出が不要な場合もあります
  • その他の書類
    • 以下に挙げるように、多くの自治体では保育を必要とする状況が分かる書類の提出が求められます。提出が必要な書類については、自治体ごとに異なり、以下はあくまで一般的な例ですので、詳細は各市区町村役所にお問い合わせください
保護者が働いているとき
  • 就労証明書、または内定証明書
保護者が本人や家族が経営する事務所で働いている場合
  • 就労証明書
  • 開業届
    • その他、確定申告書の添付等が求められる場合もあります
仕事を探している場合
  • 雇用保険受給資格者証
  • 求職活動の状況が分かる書類
    • 自治体により必要な書類が異なります
大学などに通っている場合
  • 在学証明書
  • 時間割がわかる書類
出産を予定している場合
  • 母子健康手帳
怪我、病気、障がいなどで保育が難しい場合
  • 医師の診断書、または障害者手帳
同居の家族などを介護や看護している場合
  • 医師の診断書
    • 介護や看護を受けている方のもの
  • 介護・看護のスケジュールが分かる書類
    • 自治体により必要な書類が異なります
ひとり親家庭の場合
  • 戸籍謄本
生活保護受給世帯の場合
  • 生活保護受給証明書
全国の複数の地域での手続きの実態を調べた上で、一般的な内容を記載しています。
お住まいの地域により、手続き場所や必要な持ち物が変わる可能性がありますのでご注意ください。
保育所・保育園

保育所(保育園)とは、児童福祉法に基づき設置される児童福祉施設で、保護者が働いている場合などに子どもを預かり保育を行います。

【最終更新日: 2018/4/24】