手続き情報

固定資産税の相続人代表者の届出

最終更新日: 2018/4/10

固定資産税の相続人代表者の届出の概要

固定資産の所有者が亡くなられた場合、相続を受ける人のうち1名を代表として選び、届出をする必要があります。ここで設定された相続人代表者は、相続人登記や名義変更が完了するまで有効となります。

手続きの場所

  • 市区町村役所

手続きに必要な持ち物・書類

  • 相続人代表者指定届出書
    • 届出書の名称は市区町村により異なります
  • 印鑑
    • 認印も可
全国の複数の地域での手続きの実態を調べた上で、一般的な内容を記載しています。
お住まいの地域により、手続き場所や必要な持ち物が変わる可能性がありますのでご注意ください。
固定資産税

固定資産税とは、地方税法に基づき、土地や建物などの固定資産の所有者に課税される地方税です。 【最終更新日: 2018/4/10】

Edited by  |  最終更新日: 2018/4/10