手続き情報

自動車の保管場所証明申請

最終更新日: 2018/4/12

自動車の保管場所証明申請の概要

普通自動車を新たに取得される方、あるいは普通自動車を保有していて引越しをする方は、保管場所証明申請を警察署に対して行う必要があります。

手続きの場所

  • 警察署

手続きに必要な持ち物・書類

  • 自動車保管場所証明申請書
    • 2枚必要です
  • 保管場所標章交付申請書
    • 2枚必要です
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 自動車保管場所証明書交付申請手数料
    • 2,000円前後ですが、地域により異なります
  • 保管場所標章交付手数料
    • 500円前後ですが、地域により異なります
保管場所の土地・建物を保有している場合
  • 保管場所使用権原疎明書面
    • 自認書
保管場所が他人の土地・建物である場合
  • 保管場所使用承諾証明書、または賃貸契約書の写し(貸主・借主の記名押印があるものに限るなど、地域により制約があります)
全国の複数の地域での手続きの実態を調べた上で、一般的な内容を記載しています。
お住まいの地域により、手続き場所や必要な持ち物が変わる可能性がありますのでご注意ください。
車庫証明・保管場所の届出

車庫証明とは、道路運送車両法にもとづき、自動車を所有する方が、自動車の保管場所を確保していることを証明する制度です(正式な名称は「保管場所証明」)。自動車の購入・登録・住所変更等の各種手続きの際には、車庫証明書の交付を受けることが必要となります。軽自動車の場合には、保管場所の届出のみで良いこととされています。

【最終更新日: 2018/4/12】
Edited by  |  最終更新日: 2018/4/12