手続き情報

固定資産税の納税管理人の解任

最終更新日: 2018/4/10

固定資産税の納税管理人の解任の概要

引越し先で自ら納税ができる場合、固定資産税の納税管理人の指定を解除し、自ら納付ができるようにしましょう。

手続きの場所

  • 市区町村役所

手続きに必要な持ち物・書類

  • 印鑑
    • 納税義務者のみ必要
  • 本人確認書類
    • 顔写真付きの公的な身分証明書など
全国の複数の地域での手続きの実態を調べた上で、一般的な内容を記載しています。
お住まいの地域により、手続き場所や必要な持ち物が変わる可能性がありますのでご注意ください。
固定資産税

固定資産税とは、地方税法に基づき、土地や建物などの固定資産の所有者に課税される地方税です。 【最終更新日: 2018/4/10】

納税管理人

納税管理人とは、納税の義務を負う人に代わって、納税に関する一切の手続きを行う人のことをいいます。特に、住んでいる場所から離れた場所に土地や建物を持っていたり、海外に転出したりする場合に、市区町村等から選任が求められることがあります。 【最終更新日: 2018/4/10】