手続き情報

マイナンバーカード・通知カード・住民基本台帳カードの氏名変更

最終更新日: 2018/4/6

マイナンバーカード・通知カード・住民基本台帳カードの氏名変更の概要

マイナンバーカード、住民基本台帳カード、またはマイナンバーの通知カードについては、結婚等で氏名が変わった際に氏名変更の手続きが必要です。

手続きの場所

  • 市区町村役所

手続きに必要な持ち物・書類

  • マイナンバーカード、通知カード、または住民基本台帳カード
  • 本人確認書類
    • 顔写真付きの公的身分証明書など。窓口に行く人のものが必要
代理人が手続きをする場合
  • 委任状
    • 本人による署名・捺印が必要
全国の複数の地域での手続きの実態を調べた上で、一般的な内容を記載しています。
お住まいの地域により、手続き場所や必要な持ち物が変わる可能性がありますのでご注意ください。
住民票・住民登録

住民票とは、市区町村において作成される住民に関する記録です。住民とその住所を証明することが制度の目的であり、「住民票の写し」は住所を証明する書類として広く使われています。

【最終更新日: 2018/4/11】
マイナンバー(個人番号)

マイナンバーとは、行政手続きにおいて個人を特定するために、全国民に指定される「個人番号」の通称です。希望する方は、顔写真付きの公的な身分証明書として、あるいは電子証明書として使える個人番号カード(マイナンバーカード)の交付も受けられます。

【最終更新日: 2018/4/11】