解説記事  |  2018/12/12 更新

【調布市】ベビーシッター利用料は3ヶ月以内に申請を!助成対象と申請方法とは

自治体ごとに手続きが異なるベビーシッター利用助成制度。調布市では利用する際、どのような手続きが必要なのか、制度の対象についても含め、詳しく説明します。

【調布市】ベビーシッター利用料は3ヶ月以内に申請を!助成対象と申請方法とは

調布市のベビーシッター利用助成制度とは

東京都が待機児童対策として打ち出した、ベビーシッター利用料補助を調布市が導入しました。保護者の方が、一時的にお子様を養育できない時に自宅でベビーシッターを利用した場合、その費用を一部補助する制度です。


対象になるための条件

ベビーシッター利用料助成制度を使うためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ベビーシッター利用日時点で調布市に住所を有する
  • 小学校3年生までの児童の保護者

また、ベビーシッターの利用料助成の対象となる事業所は、全国保育サービス協会(旧ベビーシッター協会)に加盟しているか、同水準のサービスを提供していると認められる事業所に限られます。対象児童以外を同時に保育する等、安全の確保が不十分であると調布市に判断された場合、助成が受けられない可能性があるので、しっかりと確認した上で事業所は選びましょう。


ベビーシッター利用料金の助成額と上限

調布市では、ベビーシッター会社にお支払いになった保育料の2分の1が助成されます。入会金、年会費、交通費、事務費等はこの保育料には含まれません。

また上限は、一家庭につき、一日4,000円、一年度(4月から翌年3月)28,000円になります。ただし、小学校3年生までの児童が3人以上いる家庭と、小学校3年生までの多胎児がいる家庭は、一日4,000円、一年度48,000円が上限になります。


申請期限に注意!

ベビーシッターを利用した日を含めて3か月以内に申請しなければ、利用料が助成されません。ベビーシッターを数日間利用した場合には、利用した最初の日から3か月以内に申請が必要になります。


調布市のベビーシッター助成金申請方法と申請に必要な書類

以下の必要書類をまとめて調布市役所の子ども政策課へ直接持参するか、郵送することで申請をすることができます。

  • 子育て家庭ベビーシッター利用料助成申請書
  • 事業所発行の領収書と利用明細書の原本
  • 印鑑(スタンプ印は不可)
  • 保護者名義の金融機関振込口座を記載した委任状

委任状は内容に変更がなければ、毎年度の初回申請時のみ提出が必要となります。


さいごに

調布市のベビーシッター助成金申請のポイントは、ベビーシッターを利用した日を含めて3か月以内に申請が必要という点です。年度単位で上限金額の設定はあるものの、申請期限を過ぎてしまうと助成対象ではなくなってしまいますので注意しましょう。

申請書を作成する

申請書を作成する

Graffer®フォームを使えば、調布市の子育て家庭ベビーシッター利用料助成申請書をウェブから作成することができます。 書類作成やアカウント登録は無料です。

使ってみる
Edited by  |  記事公開日:  |  最終更新日: 2018/12/12