12月14日(水)に愛知大学名古屋キャンパスグローバルコンベンションホールで開催される太閤秀吉シンポジウム「豊臣秀吉文書の世界 その全体像と魅力」の申し込みページです。 大阪城天守閣および名古屋市博物館の現役学芸員による、「豊臣秀吉文書」をテーマにした講演を行います。
【現地学習】この講座では、なごやに点在する古墳をめぐります。古代のなごやの様子や地形、当時の人々の生活に思いを馳せることで、なごやの魅力を感じてみませんか。 ◆開催日時:令和4年10月19日から11月16日 午前10時~正午 (全5回 全て水曜日) ◆会場:第1回 名古屋市博物館 第2回~第5回 現地学習 ◆定員:20人 ◆費用:1,500円(入館料等実費は自己負担) ◆申込締切:令和4年9月28日(水曜日)必着
もしも災害が起きたら・・・。 いざというときのために知識を深めておきませんか。 日頃の備え、被災時の行動など、名古屋市動物愛護センター職員がお話しします。 日時:令和4年8月14日(日) 午後1時30分~2時30分(受付:午後1時~1時30分) 場所:名古屋市博物館 展示説明室 講師:名古屋市動物愛護センター 地域相談支援担当主査 鳴海大助 定員:70名(先着順にて受付、定員に達し次第終了します。また、キャンセル待ちの受付はいたしません。)
自治体ロゴ名古屋市
Graffer
名古屋市公式ページとして株式会社グラファーが運営しています。