制度情報

児童手当

児童手当とは、中学校修了前のお子さんがいらっしゃる保護者に、所得に応じて支給される手当です。

最終更新日: 2018/4/24

児童手当の受給者変更

児童手当は、子どもの父母のうち所得が高い方が受給することになります。結婚・離婚などによって、生計中心者が変わる場合、以前の受給者が「受給資格消滅届」を出し、その後、新たに生計中心者になる方が「認定請求書」を出すことで受給者を変更します。 【最終更新日: 2018/4/7】

児童手当の受給申請(認定請求)

0歳児から中学生までのお子さんをお持ちのすべての家庭に給付される児童手当の受給申請です。 【最終更新日: 2018/4/7】

児童手当の別居監護の申し立て

引越しに際して子どもと別居するものの、保護者としての扶養を継続している場合、児童手当の給付を継続するための申し立てが必要です。 【最終更新日: 2018/4/7】

児童手当の受給者の死亡時の手続き

児童手当の受給者が亡くなられた場合、受給資格が消滅しますので、第一に受給事由消滅の届出が必要です。引きつづきご家庭にて児童手当が必要な場合は、児童手当の認定の請求を新たに出す必要があります。 【最終更新日: 2018/4/7】

児童手当の受給資格消滅届

児童手当の給付は市区町村単位で管理しているため、引越しに際して、引越し元の市区町村にて資格喪失の手続きが必要です。 【最終更新日: 2018/4/7】


Edited by  |  最終更新日: 2018/4/24