制度情報

出産育児一時金

出産育児一時金とは、健康保険の被保険者が出産したとき、あるいは所定の条件下で死産・流産をした場合に支給される一時金です。申請をすることで、出産費用のうち、概ね42万円を限度として支給されます。

最終更新日: 2018/4/16

国民健康保険の出産育児一時金の支給申請

出産にかかる費用を42万円(医療機関によっては40.4万円)まで補助してくれる出産育児一時金の申請です。通常、保険組合から医療機関へ直接出産費用を支払う「直接支払制度」を利用し、出産費用が一時金の上限額を超える場合は手続きが不要となります。

【最終更新日: 2018/4/16】

Edited by  |  最終更新日: 2018/4/16