制度情報

国民健康保険

国民健康保険とは、国民健康保険法などに基づく公的な医療保険です。職場の健康保険組合に加入していないような適用除外の場合をのぞき、全員に加入が義務付けられています。

最終更新日: 2018/4/10

高齢受給者証の住所変更

国民健康保険の加入者で70~74歳の方に交付される高齢受給者証は、同一の市区町村内での引越しに際し受給者証の更新手続きが必要です。 【最終更新日: 2018/4/16】

高齢受給者証の発行

国民健康保険の加入者で70~74歳の方は、異なる市区町村への引越しに際して市区町村の窓口にて高齢者給者証を発行してもらう必要があります。その際、引越し元の市区町村にて発行される「負担及び減額区分証明書」を持参する必要があります。 【最終更新日: 2018/4/16】

国民健康保険の加入届

国民健康保険への加入は市区町村ごとに行います。加入が必要となった場合には、住所地の市区町村にて加入の手続きが必要です。 【最終更新日: 2018/4/10】

高齢受給者証の氏名変更

高齢受給者証をお持ちの方は、結婚・離婚などで氏名が変更になる場合には手続きが必要です。 【最終更新日: 2018/4/16】

国民健康保険の世帯主変更手続き

国民健康保険に加入する世帯の世帯主が変更になる場合には、14日以内に市区町村に届出を行う必要があります。 【最終更新日: 2018/4/13】

国民健康保険の出産育児一時金の支給申請

出産にかかる費用を42万円(医療機関によっては40.4万円)まで補助してくれる出産育児一時金の申請です。通常、保険組合から医療機関へ直接出産費用を支払う「直接支払制度」を利用し、出産費用が一時金の上限額を超える場合は手続きが不要となります。 【最終更新日: 2018/4/16】

国民健康保険証の住所変更

国民健康保険の被保険者の方は、同一の市区町村内で住所を変更した際には、保険証の住所変更手続きが必要です。市区町村をまたぐ引越し(転出・転入)の場合は、引越し元の市区町村で資格喪失の届出をした上、引越し先の市区町村で新たに加入の届出が必要となります。 【最終更新日: 2018/4/10】

国民健康保険の資格喪失届

お住いの市区町村からの転出や被保険者の死亡、あるいは生活保護を受けることになった場合などには、国民健康保険の資格を喪失するため、市区町村に届出を行う必要があります。 【最終更新日: 2018/4/10】

国民健康保険証の氏名変更

結婚・離婚などで氏名が変更になった場合、国民健康保険証の氏名変更の手続きが必要です。 【最終更新日: 2018/4/10】

葬祭費の支給申請

国民健康保険や後期高齢者医療制度では、加入者が死くなられた場合に葬祭費の支給が受けられる制度があります。支給を受けるには、市区町村へ申請をする必要があります。 【最終更新日: 2018/4/16】

高齢受給者証の返却

国民健康保険加入者で70~74歳の方に交付される高齢受給者証は、市区町村単位で管理しています。引越しされる方や亡くなった方の受給者証については返却が必要です。 【最終更新日: 2018/4/16】


Edited by  |  最終更新日: 2018/4/10