行政手続きDB 法務省

商業・法人登記事項証明書(登記簿謄抄本を含む)の交付請求

最終更新日: 2019年3月29日

手続に関する共通情報

手続き名称

商業・法人登記事項証明書(登記簿謄抄本を含む)の交付請求

概要

登記簿に登記されている事項の全部又は一部の証明書を求める手続

手続根拠

商業登記法第10条,第11条ほか

手続対象者

商業・法人登記事項証明書(登記簿謄抄本を含む)の交付を受けようとする者

提出時期

任意の時期

手数料

登記手数料を納付する必要があります。
http://www.moj.go.jp/MINJI/TESURYO/index.html

相談窓口

登記事項証明書等の交付を受けようとする会社又はその他の法人の本店若しくは支店又は主たる事務所若しくは従たる事務所の所在地を管轄する登記所(法務局若しくは地方法務局若しくはこれらの支局又はこれらの出張所)が相談窓口になっています。

審査基準

商業登記法第10条,第11条ほか

標準処理期間

申請書の提出から即日~10日程度

不服申立方法

監督法務局又は地方法務局の長に審査請求することができます。

当該手続に関連する情報

法務省HP「商業・法人登記Q&A」

備考


書面での手続きに関して

提出方法

申請書を作成して,提出先の登記所(法務局若しくは地方法務局若しくはこれらの支局又はこれらの出張所)に提出してください。郵送によっても申請することができます。

添付書類・部数

  • 特にありません。

提出先

登記事項証明書については,交付を受けようとする登記所が提出先となっていますが,登記簿謄抄本については,会社又はその他の法人の本店若しくは支店又は主たる事務所若しくは従たる事務所の所在地を管轄する登記所が提出先となっています。

受付時間

月曜日から金曜日(国民の祝日・休日,12月29日から1月3日までの年末年始を除く。)の8時30分から17時15分まで

備考

管轄登記所については,法務局HP(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kankatsu_index.html)をご覧下さい。

電子申請に関して

提出方法

登記事項証明書を電子申請システムにより請求される場合,法務省HP(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji71.html)の手順に従い請求してください。

申請書様式

登記・供託オンライン申請システムHP(http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/)に掲載されております。

記載要領・記述例

特にありません。

添付書類・部数

特にありません。

受付時間

月曜日から金曜日(国民の祝日・休日,12月29日から1月3日の年末年始を除く。)の 8時30分から21時まで

備考

電子申請システムによる場合,登記事項証明書(一部事項証明書を含む)のほか,代表者事項証明書及び印鑑証明書の請求も可能です。
印鑑証明書を請求する場合の手続については,法務省HP(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji71.html)をご覧ください。
なお,電子申請システムによる場合,登記簿謄抄本の請求はできませんので,ご注意ください。

法人の登記事項証明書の交付請求

株式会社や合同会社などの法人の存在証明に広く使われている登記事項証明書ですが、一般的によく使われるのは「履歴事項全部証明書」です。手数料を支払えば誰でも交付を受けることができ、交付申請時には押印や署名も必要ありません。 【最終更新日: 2018/4/24】


当サイトに掲載される手続き情報は、官公庁の提供するウェブサイト等の情報を参照し作成したものであり、更新日時点での情報です。

法令・制度・その他の情報は常に変更される可能性があるため、閲覧時点での最新情報を取得する際には、官公庁提供のウェブサイト等をご覧ください。